パリオリンピック2024最新情報更新中!

Believe-君にかける橋-第9話最終回ネタバレあらすじ・感想をまとめ

この記事には広告を含む場合があります。

記事内で紹介する商品を購入することで、当サイトに売り上げの一部が還元されることがあります。

木村拓哉さん主演のドラマBelieve-君にかける橋-。

豪華キャストにも注目されています。

夢の橋に何があるのか放送前から気になります。

りぼん
りぼん

なんか燃えてたよね・・

にこ
にこ

予告の展開から気になる・・

この記事ではBelieve-君にかける橋-第9話ネタバレあらすじ・感想をまとめています。

ドラマBelieve-君にかける橋-8話振り返り

狩山は玲子に離婚を申し出、帝和建設に

これまでの悪事を公表してほしいと相当な覚悟で言いました。

狩山は玲子に自宅に戻るように言われました。

夕方までにという狩山。

自宅は警察で包囲されていました。

しかし玲子は懇願し狩山との時間を1時間もらいました。

狩山は自宅に戻りました。

互いの体調を心配しました。

その後狩山は事故は意図的に磯田によって起こされたものと話しました。

玲子は感情的になりました。

狩山は玲子との時間を終え

警察に確保されました。

ドラマBelieve-君にかける橋-第9話最終回あらすじ

狩山は確保されました。

5月15日

狩山は警察に戻りました。

玲子は荒らされた家に絶望します。

南雲は退院しました。

5月16日

本宮は、玲子にハードディスクを渡しました。

バックアップをとっていたのです。

本宮は秋澤が握りつぶそうとしていることを

本宮は心配していたのです。

狩山は取り調べを聞かれますが

早く検察にうつしてほしいといいなにもはなしません。

玲子は秋澤は狩山の味方なのか問いました。

狩山のもとに面会にきたのは秋澤です。

もう一度

弁護士として採用してほしいと頼みます。

秋澤は十分な証拠をそろえて

狩山に会いに来たのです。

秋澤は社長の懐に入って様々な情報を得ていたのです。

秋澤は狩山は逃げなかったから

弁護したいというのです。

刑務所からは逃げたものの、事故から逃げなかった

狩山を弁護したいという秋澤。

believe

がデータのパスワードだと秋澤に伝えました。

5月17日

狩山は検察へ向かいます。

警察は龍神大橋の事故を蒸し返さないように言いました。

公的に訴えるのは危険だといいます。

そこに黒木がきました。

監禁罪で送致することを聞きつけました。

そして

狩山との時間が欲しいと頼む黒木。

警察としては狩山の事故を蒸し返して欲しくないのです。

東京都を的にしたくない警察。

南雲は会社に戻りました。

ベトナムいきを打診されましたが、出世はできないと断りました。

会社のためにはなっていないという南雲。

南雲は狩山を裏切ったことを後悔し

こんな会社にはいられないといいました。

黒木は警察に騙されないように言いました。

検察では言いたいことをいうように言いました。

警察は狩山を利用しようとしていることを忠告した黒木。

秋澤は磯田の依頼はうけられないと言いました。

ハードディスクの廃棄にの時は録音していたことを

磯田は気が付いていたのです。

成功を祈る、狩山が秋澤の過去を知らなきゃいいという磯田。

秋澤にはひみつがあるようです。

本宮は玲子が狩山と結婚した理由をききました。

狩山は怪我をしてリハビリをしているとき

頑張ったら結婚してくれるか?と聞いたようです。

そこで玲子はよいと言ったそうです。

それが本当になったのです。

狩山は面会に来た秋澤に誤解していたことを謝ります。

そして5年前の話をしました。

担当した経営者が亡くなってしまったのです。

そのことを秋澤は後悔していたのです。

狩山は秋澤の過去を聞いたうえで

改めてよろしくお願いしますといいました。

玲子は手術を終えたかなみに会いに行きました。

かなみはもう心配しなくて大丈夫だといいました。

玲子は病院を退職しました。

病気になって患者の事情がわかるようになったという玲子。

今後は患者として全力を尽くすといいました。

9月10日

狩山の裁判です。

裁判には南雲や坂東、黒木もきていました。

裁判がはじまります。

狩山がなぜ逃げたのかが裁判の焦点です。

龍神大橋の事故の真相が話されます。

この事件は単なる事故ではなかった仕組まれたものだったのです。

秋澤は無実の罪だったからこそ逃走したことを証言しました。

磯田は玲子と会っていました。

玲子は狩山のスケッチを磯田に見せたのです。

とても楽しそうに書いていたことを告げ、去りました。

実際に事故を起こさせたのは、常務です。

若松に事故を起こさせるように指示していたのです。

若松は非難を指示すると

橋は崩落しました。

若松は事故の規模が大きくなり

責任の大きさに耐えられず、命を失った可能性があると推測する秋澤。

そして本宮がコピーを持っていた発注書も証拠に出されました。

狩山は

刑務所からの逃亡を謝罪しました。

龍神大橋の事故に関してウソをついたことを謝罪しました。

橋は、土地と土地、人と人をつなぐ構造物。

その橋を人は渡れば町ができる

その橋は人にしか作ることしかできない

なのにかけるべき橋を落とす必要があったのか

狩山は知らなければならないと考えたといいます。

9月12日

刑務官は

なぜ刑務官のことを話さなかったのかと聞くと

狩山は逃がした理由がわからなかったからといいます

すると、金が欲しかったから言います。

過去の罪の被害者のためにお金を渡したのです。

磯田は東京都庁にいました。

万が一磯田が罪をかぶることになったら東京都知事のことを話す必要があるといいました。

狩山が逃げたことで、帝和建設を外す理由ができた

狩山を逃がした事は刑務官への知事からの指示だったと推測する磯田。

9月24日

懲役1年の判決がでた狩山。

龍神大橋の業務上過失致死に関しては

改めて審議の必要があると裁判官は言いました。

狩山はは傍聴席に頭を下げました。

2025年

磯田は刑務所にいました。

狩山は面会に来ました。

磯田が関与を認めたのです。

龍神大橋は

帝和建設が入り工事が再開されました。

狩山が設計変更したのは

いきなり工事費用が削られていたからです。

東京都は、資金難だったのです。

ですので、橋をわざと落とし、東京都に好都合になるように

橋を落としたと推測していました。

このことを都知事に命じられたのではという狩山。

裁判で一度も都知事の名前を出さなかった磯田。

工事の再開を条件に磯田は罪をかぶり、帝和建設を救ったと言います。

それが信念だという磯田に、犠牲の上に立つものは信念ではないという狩山。

磯田は夢を語る狩山を振り返ります。

狩山の夢を聞くたびに腹が立っていた磯田。

そのため、あえて罪をかぶるこのプロジェクトに参加させたのです。

働くことは夢を捨てることだということを教えたかったという磯田。

狩山は磯田を信じた自分が愚かだったといいます。

狩山は面会を終え、秋澤に会いました。

祝杯に誘われますが断りました。

狩山は自宅に戻りました。

玲子は元気な姿で自宅にいる妄想をする狩山。

妄想の世界で

二人は出所祝いに碓氷峠へ行きました

橋のうんちくを話す狩山。

玲子は話を聞きました。

そして二人で過去に玲子が怖くて渡れなかった橋をわたります。

橋の上で玲子とのマイホームの話をしました。

玲子は追加で煙突が欲しいと言います。

玲子に改めて謝る狩山。

ここまでは狩山の妄想です。

振り向くと玲子はいませんでした。

玲子との図面を飛行機にして飛ばしました。

玲子の命は間に合わなかったのです。

手紙を残していました。

碓氷峠に行く約束は果たせず、

一人であの橋から出発するように手紙を残したのです。

狩山は橋屋として働きます。

ドラマBelieve-君にかける橋-第9話最終回感想

玲子が間に合わなかったこと結構悲しかったです。

あってほしかったです。

しかし間に合わなかったからこその病のリアルさを感じました。

磯田は結局会社を守った

しかし本当の黒幕がそのままだったことに若干のもやもやが残りました。

東京都知事が描いた事故だったのに

権力のあるものはそのままにされている社会の形は恐ろしいなと感じました。

まとめ

Believe-君にかける橋-のあらすじと感想をまとめました。