パリオリンピック2024最新情報更新中!

音楽番組は韓国のアイドルだらけ?K-POPが増えた理由や口パク疑惑も調査

この記事には広告を含む場合があります。

記事内で紹介する商品を購入することで、当サイトに売り上げの一部が還元されることがあります。

最近の音楽番組で、韓国出身のアーティスト、または韓国のオーディションきっかけのアーティストをよく見るようになりました。

大型音楽番組でも、日本のアーティストと韓国のアーティストのコラボ歌唱があったりと

様々な演出がされています。

りぼん
りぼん

なんとなく韓国アーティストの出演増えた気がする・・

実際に調査したところ

  • K-POPは増えた理由は視聴率のため
  • 口パク疑惑についてはダンスがすごく激しい曲もあり仕方ない?

ということがわかりました。

その理由や、韓国出身のアーティストの歌唱がうますぎる理由についても調査しまとめました。

音楽番組は韓国のアイドルだらけ?

最近の音楽番組は韓国アーティストだらけという意見もあり実際に出演グループも増加しています。

2024年7月6日に8時間放送されたTHE MUSIC DAYでは韓国アーティストが多く「韓国だらけ」

との投稿も目立ちました。

スペシャル音楽番組「THE MUSIC DAY」の例

THE MUSIC DAYに関しては本当に韓国アーティストが増えたのか数年分調べてみました。

さらに2024年はグループの披露に加え、コラボ企画も目立ちました。

  • TOMORROW X TOGETHER×渡辺翔太「ペテルギウス」
  • 山下智久「Perfect Storm(feat.TAEHYUN of TOMORROW X TOGETHER)」
  • HANNI(NewJeans)「青い珊瑚礁」
  • HYEIN(NewJeans)「プラスティック・ラヴ」

このことから番組に韓国アーティストの出演が多いとの意見もあったようです。

紅白歌合戦の例

近年の紅白歌合戦にも韓国アーテイストが多すぎるという意見もあります。

実際に増えているのかも調査しました。

紅白歌合戦に関してはあまり多いという印象はうけません。

2024年はどうなるのか気になりますね。

歌番組は韓国アイドルばかり?K-POPが増えた理由は?

音楽番組においてK-POPが増えた要因は以下の3つです。

  • 韓国アーティストの人気のため
  • ジャニーズを出演させられないため視聴率の数字が取れないため
  • メドレーなどの構成に大きな変更があったため

韓国アーティストの人気のため

前々からですが、近年特に世界で活躍するK-POPアーティストが増えた印象です。

若年層だけでなく、様々な世代に好まれています。

まずオーディションです。

視聴者参加型のオーディションの多く、オーディションきっかけで応援する方も多くいます。

りぼん
りぼん

感情移入しちゃう・・

またメンバー構成が多国籍に及ぶことによりK-POPのグループは最初から世界を相手に活動しています。

日本人がいるグループでは日本人は親近感がわきやすく応援したくなる方もいるようですね。

人気のアーティストを出演させることで番組は視聴率が上がるので、出演依頼をしている可能性は高そうですね!

ジャニーズを出演させられないため視聴率の数字が取れないため

ジャニーズ事務所のアイドルが出演していた枠が開いたため韓国アイドルの出演枠が増えたという考えもあります。

もともと特大音楽番組にはジャニーズグループは大量に出演していました。

しかし近年2023年に事務所内で問題が起きたことから、減少傾向にあります。

THE MUSIC DAYだけを例にとっても

紅白歌合戦に関しては

旧ジャニーズが出演していた枠があいたという考えもできそうですね。

この枠の視聴率をとるためには

人気の韓国アイドルを起用する必要があったのかもしれません。

メドレーなどの構成に大きな変更があったため

THE MUSIC DAYに関しては2022年までは

「ジャニーズシャッフルメドレー」が放送されていました。

しかし2023年からメドレーの形式が変更になっています。

2022年ジャニーズシャッフルメドレー
アイドルメドレー
絶対に忘れられない名曲メドレー
タオルアップ・ウェーブハンズ アンド ジャンプメドレー
魂の叫びライブメドレー
ダンスコラボメドレー
2023年歌って踊るSing-Alongメドレー
あなたを笑顔に変えるアゲアゲソングメドレー
アニメソングメドレー part①
ジブリ企画
80年代企画
2024年会場まるごと横断マイクリレーメドレー
愛され続ける名曲メドレー
情熱爆発カーニバルメドレー
ラップソングメドレー

2022年まではジャニーズだけでメドレー企画をしていましたが

2023年からは事務所の垣根を超えたメドレーに切り替わり、

2024年は日本と韓国のアーティストのコラボ企画なども行われました。

りぼん
りぼん

渡辺翔太さんとHUENINGKAさんとか・・・♪

韓国アーティストがソロとして、日本の楽曲を披露する機会も多くありました。

音楽番組は韓国のアイドルだらけ?口パクの疑惑は?

音楽番組において韓国のアーティストが口パクをしているのかの疑惑について調査しました。

歌番組おいての歌唱は

  • 生歌
  • 被せ
  • 口パク

のいずれかの方法がとられることが多いです。

しかし、この楽曲は口パクであるなどの案内はもちろんされませんので、

視聴者やSNSの声で判断する形になります。

韓国のアーティストは「歌っている」と主張するかたもいれば、「ダンスが激しいから口パク」

と主張する殻もいて、口パク論に関しては賛否両論です。

THE MUSIC DAYで一番議論になったのは「ペテルギウス」問題です。

HUENINGKAさんがうますぎて、もしかして口パクなの?音源過ぎる!と言われていました。

実際のところは制作側や、ご本人にしかわかりません。

音楽番組で韓国アーティストが多く感じる理由は?

音楽番組で韓国アーティストが多いと感じるようになった理由は

  • 出演者数の増加
  • 似ているように聞こえてしまう

などの理由が考えられます。

まず出演者数はここ数年でかなり増えています。

さらには割と似ていると感じる視聴者も多いようです。

「似ている」「すべて同じに見える」「顔が似てる」

ということから、多いなとかんじるという意見もあるようですね。

まとめ

日本の音楽番組において

  • 近年韓国のアーティストの出演が増加傾向にある
  • 要因としては韓国アーティストの人気
  • 日本のアイドルの事情の変化がある
  • K-POPは増えた理由は視聴率のため
  • 口パク疑惑についてはダンスがすごく激しい曲もあり仕方ない?

という結論になりました。

近年、日本の音楽番組において韓国アーティストの出演が増えている印象です。

実際に出演者を並べると増えているという事実があるようです。

今後音楽番組の出演者構成はどうなっていくのか気になりますね。

私はジャニーズ好きなので、近年の音楽番組ではジャニーズシャッフルメドレーがなくなってしまったことがかなりショックでした。

韓国アーティストはダンスも上手いし歌唱力も素晴らしいのもわかるのですが・・・さみしい気持ちもあるのが正直な気持ちです。

コラボ好きとしては、2024年は年を越せるようにカウコンがせひあってほしいと願うばかりです。