パリオリンピック2024最新情報更新中!

安楽宙斗の兄弟は弟!家族構成や両親の職業やクライミングの経験も調査!

この記事には広告を含む場合があります。

記事内で紹介する商品を購入することで、当サイトに売り上げの一部が還元されることがあります。

パリオリンピックのボルダリング競技で内定している安楽宙斗選手。

安楽宙斗選手は現役高校生で進学校に通いながらオリンピックでの活躍を誓われています。

ご兄弟やご両親についても気になりますよね。

結論、

  • 弟はクライミングジムに通っている
  • 母親の職業は不明
  • 父親は株式会社ファソテックに勤めていると予想
  • ご家族で金銭面、精神面のサポートをされている

ということがわかりました。

詳しく調査してみました。

りぼん
りぼん

高校に通いながらってすごいよね。

にこ
にこ

安楽宙斗選手は数学が得意なんじゃなかった?

この記事ではクライミング選手の安楽宙斗選手の弟さんやお母様やお父様に関する情報をまとめています。

安楽宙斗の兄弟は弟!

安楽宙斗選手の兄弟には弟の晴希さんがいます。

クライミングジムに通われていたようです。

しかし残念ながらそのジムは閉店しています。

りぼん
りぼん

今の練習場所はわからないんだよね・・・

では弟の晴希さんについて詳しく紹介していきます。

もともと兄弟で同じクライミングジムに通われていましたが、今はそのジムがありません。

兄弟でクライミングをされているということは、高めあえそうですよね!

調査したところ、「ファイテン×マムートユースコンバインドカップ2023」に安楽晴希さんの名前がありました。

安楽晴希さんもリードの大会に出場されているようですし、

今後兄弟で切磋琢磨されるのかもしれませんね!

安楽宙斗の家族構成は?

家族構成に関しては以下の通りです。

  • 父親:安楽武志
  • 母親:安楽久美子
  • 本人:安楽宙斗
  • 弟:安楽晴希

4人家族です。

りぼん
りぼん

2人兄弟だね!

安楽宙斗の母親は元看護士?クライミングの経験は?

安楽宙斗さんの母親の現在の職業は不明です。

お名前は安楽久美子さんです。

クライミングの経験はなさそうです。

看護師なのでは?とネット上では噂されているようですが実際のところ職業の情報は公開されておりませんし、明確な根拠もありません。

現在は専業主婦である可能性が高いのではないでしょうか。

安楽宙斗選手の食事面のサポートなどをきっちりされているようです。

例えば

  • あまり体重は増えすぎてはいけない
  • 疲労回復になるメニューを取り入れる
  • たんぱく質を取ること

さらには、安楽宙斗選手は野菜が苦手なようで、苦手な野菜をどのようにして摂取してもらうかなど

お母さまは考えられているようです。

りぼん
りぼん

野菜が苦手ってエピソードを聞くとちょっとほっこりする・・・!

ほかにもマッサージをしたりとリラックスできるように献身的にサポートをされているようです。

りぼん
りぼん

リラックスできる空間づくりをされているんだね。

安楽宙斗の父親はエンジニア?クライミングの経験はある?

安楽宙斗さんのお父様は株式会社ファソテックにお勤めのようです。

お名前は安楽武志さんです。

もともとクライミングはお父様のダイエット目的だったようです。

  • 株式会社ファソテックは2022年に安楽宙斗選手とスポンサー契約を結んでいます。
  • 安楽宙斗選手のお父様は、株式会社ファソテックのスポーツクライミング部の監督

このことから株式会社ファソテックにお勤めなのではと言われています。

噂ではエンジニア職に就かれているとの噂ですので調査してみましたが

明確にどんなお仕事内容なのかについては情報はありませんでした。

ちなみにですが2014年に講師を務められている講演がありました。

「Bio-Texture Modeling技術と医療分野における3次元臓器モデルの活用」

りぼん
りぼん

え・・・っと難しそうだね。

ファソテックは営業職や技術職、エンジニアなど様々な分野の方がお仕事されているようです。

本社はJR京葉線海浜幕張駅から徒歩圏内ですので、比較的通勤もしやすいのではないでしょうか。

安楽宙斗選手は高校を選択するときに、「家から近かったので」とおっしゃられていました。

もしかしたら、ご家族も自宅から会社が通勤がしやすい場所も視野にいてて、千葉に

拠点を置かれてるのかもしれませんね。

りぼん
りぼん

通勤や通学の時間が短いって大事だよね。

安楽宙斗の実家はお金持ち確定?

安楽宙斗選手のご実家はお金持ちであるもしくは平均家庭以上であると予想します。

まずクライミングジムの価格ですが、

1日料金で1000円~2000円のところもあれば、1か月登り放題いくらと料金設定をしているジムもあるようです。

通常の習い事より少し高いくらいの印象でしょうか。

なによりも大きなお金が動くのは遠征です。

金銭的なサポートも欠かせない。武志さんは「大会の遠征費は、かなりかかる。大会エントリーで1万円くらい。往復の交通費、宿泊費。千葉県から支援金も出るんですが……」「昨年1年間で言えば、ざっくり80万円は家計から支出しました」と明かす。

読売新聞オンライン

お金もちでないと競技を続けていくことは難しいですよね。

ちなみに株式会社ファソテックの年収を調査したところ

300万円~1000万円の範囲

のようです。

りぼん
りぼん

結構幅ひろいね・・

千葉県やスポンサー企業からの支援金があったとしても、家計からの負担は少なからず出るようです。

さらに国内だけでなく、海外の大会となると、航空費などの費用もかさみます。

競技を続けていくにはある程度の資金も必要だという印象です。

りぼん
りぼん

オリンピックでの活躍が楽しみだね!

まとめ

安楽宙斗の

  • 弟はクライミングジムに通っている
  • 母親の職業は不明
  • 父親は株式会社ファソテックに勤めていると予想
  • ご家族で金銭面、精神面のサポートをされている

という結論になりました。

現役高校生のオリンピック選手である安楽宙斗選手。

普段は進学校に通い、普通の高校生として生活されています。

勉強とクライミングの両立は決して簡単なことではないでしょう。

しかしご家族の献身的なサポートもあり、競技を続けられているようです。

オリンピックではどんな活躍をされるのか楽しみですね。

パリオリンピックは2024年7月開幕です!