パリオリンピック2024最新情報更新中!

海のはじまり(月9ドラマ)第1話感想あらすじネタバレまとめ

この記事には広告を含む場合があります。

記事内で紹介する商品を購入することで、当サイトに売り上げの一部が還元されることがあります。

SnowManの目黒蓮さんが主演を務める海のはじまりが2024年7月1日からスタートします。

放送は全国のフジテレビ系列よる9時からの放送です。

楽しみなドラマですよね!

りぼん
りぼん

予告でもう泣いちゃいそう・・

にこ
にこ

とりあえずめめかっこいいよ・・

この記事では海のはじまりの第1話のあらすじネタバレ感想をまとめました。

海のはじまり・みどころ原作はある?

目黒蓮さんが主演を務める新月9ドラマ「海のはじまり」

2022年10月期木曜ドラマ「silent」のチームが再集結しました。

本作は親子愛をテーマにした原作のない完全オリジナル作品です。

人はいつ父になり、そして母になるのかというテーマのもとえがかれます

りぼん
りぼん

いつ母になった?と聞かれるとわからないかも・・

にこ
にこ

親子で成長したっていうイメージが強いのかもなぁ

この作品で父親を演じるのは、目黒蓮さんです。

目黒蓮さん演じる夏は、大学の時水季と付き合っていました。

幸せな日々だったのにある日突然別れが告げられ、連絡が取れなくなりました。

そこから7年後、水季がなくなったと知る夏。

さらには水季と夏の間に子供がいたことも知りました。

夏はどのように父親になるのか注目してみたいですね。

りぼん
りぼん

夏の口癖は「んー」なんだって

にこ
にこ

夏の口癖にも注目してドラマを見たいね。

初回放送は2024年7月1日よる9時です。(初回30分拡大)

ちなみに主題歌はbacknumberが担当します♪

楽しみですね。

海のはじまり第1話あらすじネタバレまとめ

海を歩く水季と海。

海はどこからなのかと問う海。

水季は水があるところからと答えます。

海がどこから始まっているか知りたい海。

海に終わりはなく、ずっと海でその先に対岸があると教えました。

振り向く海に

いるから大丈夫、行きたい方にいきな

という水季。

海の後ろを歩きます。

電車に揺られる夏。

化粧品メーカーで働く弥生。

夏が帰宅しカギを探していると、弥生が来ました。

弥生がポケットじゃない?

というとポケットに鍵がありました。

二人は夏休みの予定をあわせます。

うーーんとばかり悩む夏。

あいまいな返事は良くないと弥生に言われます。

夏は産休がかぶり、人が少ないので夏休みの希望が通せないかもしれないといいました。

夏は海に行きたいという弥生。

後は山に行きたいといいます。

夏に着信が入ります。

呆然とする夏。

着信の内容は水季の訃報でした。

実家に帰った夏。

喪服をとりに戻ったのです。

水季のお葬式に行く夏。

8年ぶりの再会がこんな形になってしまいました。

棺水季の顔をじっと見る海。

夏は水季はシングルマザーだったことを知ります。

弥生には夏が仕事を休んだと連絡をしました。

弥生に夏休みがどうなるかわからないとつげます。

夏は写真を見返すと、水季の写真が出てきました。

二人は大学時代付き合っていたのです。

大学の新歓チラシをもらいまくる水季。

山岳部の新歓にいくと

廊下で寝ているように見えた水季をみつけた夏。

じつは姿勢が悪い様子でゲームをしていたのです。

二人はこのことをきっかけに仲良くなります。

山岳部の新歓に来ていましたが

山に興味はない夏と水季。

夏は友達の付き添い

水季はごはんが無料だから参加したそうです。

人に併せて興味ないとこにこれることは

すごい事だと水季は夏を誉めます。

夏は意思がないだけだといいますが

水季はほめてくれました。

あいまいな返事はよくないけど

ハイかイイエで答えらることなんてそんなにない

と言います。

水季は自分は

マイペースで人に合わせることは苦手だといいました。

正反対に見える二人でしたが

空気感でなんとなく仲良くなりました。

休日は車で出かける水季と夏。

BGMはスピッツの渚です。

海を走る水季の動画を撮る夏。

その動画を夏はお葬式で見ていました。

そこに現れたのは海です。

一緒に付き添っていたのは津野。

海をおいて去りました。

夏は海に話しかけました。

海は

さんずいで海という名前と答えます。

何歳かと聞くと

海は6歳と答えました。

夏は津野のことは父親なのかと聞くと

海は違うと答えました。

お父さんいないのかと夏はきくと

いるって水季が言ってたと答える海。

海は自分の書いた絵を夏に見せました。

落ち込む海に

夏はイヤホンを渡しました。

昔の水季の写真や動画を海に見せました。

大学時代

海の部屋にやってきた水季。

就活の準備していました。

水季は夏に書いてほしいものがあると

中絶の同意書を差し出しました。

夏は驚きます。

いつ妊娠がわかったのかと問う夏

水季は1週間前と言います。

ごめんと謝る夏。

水季はびっくりだし、誰も悪くないと明るく振舞います。

不安な思いをさせたことを夏は謝りました。

水季も不安だったと泣きました。

そして、夏に同意書を書かせますが夏はペンがすすみません。

しかし水季は生むこともおろすことも

自分にしかできないから

自分で決めると言いました。

夏は納得しました。

書き終えた夏に

クリスマスどこ行こうかと問う水季。

病院から出てくる水季を夏は待っていました。

ある日水季は突然大学をやめていました。

夏も知りませんでした。

夏は水季に連絡をします。

大学を辞めた理由をきくと

学費たかいしさっさと就職するという水季。

相談してほしかった夏。

しかし水季は急に勝手に決めなきゃな時もあるといいます。

そしてその流れで

水季は

別れをづげました。

夏は動揺します。

水季は夏より好きな人ができたといいました。

夏は会って話したいと言いますが

水季は夏の言葉で意思は変わらないと拒みました。

夏は納得しました。

水季は絶対幸せになると言いました。

夏は水季にずっと勝手でわがままで頑固で薄情だといいました。

しかし本心ではなく

夏は水季の体調を心配し謝りました。

水季は大丈夫だといいます。

元気でね。といい二人は別れました。

お葬式に戻ります。

海は夏に感謝します。

海は水季と友達なのかと聞きます。

8年あってないと答える夏。

そこに津野が戻ってきました。

津野は夏のことをきくと

津野は

ムッとします。

落ちた色鉛筆をひろおうとすると

津野は触らないでほしいと言いました。

津野は水季の同僚だといいました。

この7年のこと本当に何も知らないんですね

といい津野は去りました。

津野は水季の母に寄り添い

夏が来ていたことを告げました。

水季の母は海の手を握り夏のもとに行きました。

水季の母は夏に連絡先を渡しました。

きになるようなら連絡をくださいといいました。

そしてちょっとと言い場所を移します。

水季の人生は終わりましたが、私たちは生きていかなければいけないし

海の人生ははじまったばかりだといいます。

海の未来を考えなければならないという水季の母。

夏はなぜ自分に話されているのかわかりません

水季の母は海を別の場所へいかせました。

そして見せられたのは

夏がサインした人工中絶の同意書です。

夏は呆然と立ち尽くします。

夏は自分が海の父親であることを驚き

謝ります。

水季の母は男の人は

勝手に父親になるから知る由もない

海の父親をしたいとは思わないかと聞く海の母。

水季の母は水季の勝手で産んだ子だから

大丈夫だけど、この7年の水季の想像はしてほしいと言いました。

夏は何も答えられませんでした。

海は月岡くんとは夏君?と津野にききます。

津野はそうだよと答えました。

呆然と立つ夏に

海はなつ君と手を振りました。

夏は水季を思い出します。

夏は戸惑いながら

小さく手を降りました。

夏は家に戻りました。

そこには弥生がいました。

呆然とする夏に

どうかしたのかと心配する弥生。

夏は一人だとどうにかなりそうだったと感謝しました。

夏は大学の同級生が病気で亡くなったことを弥生に話しました。

辛かったねと寄り添う弥生。

何も知らなかった自分を責める夏。

海はおばあちゃん家で水季の遺品を整理する様子を見ていました。

翌朝

仕事に行く弥生。

夏は起きることもできません。

夏は実家に戻りました。

弟に大和は誰の葬式に言ったのかと聞かれます。

大和は自分の母が亡くなった時に泣けなかったといいます。

海は水季のスマホを見ていました。

水季の動画を見ていたのです。

夏は水季の写真を消そうとしますが消せません。

突然、夏の家を海は訪ねてきたのです。

海は夏の家に来たことがあるから家を知ってると言いました。

水季と一緒に家にくる練習をしていたのです。

海は夏の家に入りました。

水季のスマホを見せる海。

夏は

今度動画をみるから

帰った方がいいと言います。

しかし海は動画を見せ続けます。

水季は夏が一番好きだと言います。

夏は涙がとまりません。

動画の中で水季は

夏がお迎えにくるまでひっそりしとくように言いました。

海は水季の動画を見せてほしいと頼みました。

その動画で水季は

海大好きと叫んでいたのです。

海はその動画を見て微笑みます。

その様子をみて夏は号泣します。

海は海もママ大好きと言いました。

帰ろうと言う夏。

海はママは終わったのかと聞きます。

夏は、

しんじゃったんだと言います。

どうなるのかときく海。

わからないけど

水季はお母さんじゃなくなるわけではないから

終わったわけではないと言います。

海は夏は海のパパだ

夏のパパはいつ始まるのかと聞きます。

海のはじまり第1話感想

海のはじまりがスタートしました。

初回から大号泣・・・えぐいです。

海のはじまりはどこなのかしりたい・・・?

がこのドラマの伏線なのでしょうか。

学生時代の夏と水季がかわいい

学生時代の夏と水季のお付き合いシーンめっちゃ可愛いなと思いました。

デートはめちゃくちゃ微笑ましくてたまりませんでした。

しかし人工中絶を決意した水季。

あのシーンで大号泣しました。

何よりも水季の体や不安を謝る夏の涙にもらい泣きしまくりました。

海の演技がすごすぎる!

海ちゃんの演技すごすぎました。

感情移入しまくりで大号泣でした。

夏のパパはいつ始まるの・・・

この子すごいと思いました。

6歳の子にとって、人がなくなることは

理解が難しくそのことを終わりとはじまりとして表現していて

わかりやすいようでわかりにくい感情になりました。

夏のパパのはじまりは最も簡単ではない答えですよね。

動画に大号泣

夏が迎えに来るまでそっとしておくんだよ

海大好き

夏と海が動画を見せ合うシーンで大号泣でした。

音声を最後にきかせて泣かせに来る演出すごすぎると思いました。

夏の心もこれは揺さぶられますよね。

急に父になるといわれても困惑ですよね。

夏や周りの大人はどう対応していくのか注目してみたいです。

まとめ

海のはじまりのあらすじネタバレ感想をまとめました。

次回も楽しみですね。