パリオリンピック2024最新情報更新中!

海のはじまり第3話ネタバレあらすじ感想まとめ夏と海弥生はおでかけへ?

この記事には広告を含む場合があります。

記事内で紹介する商品を購入することで、当サイトに売り上げの一部が還元されることがあります。

SnowManの目黒蓮さんが主演を務める海のはじまりが2024年7月1日からスタートしました。

放送は全国のフジテレビ系列よる9時からの放送です。

りぼん
りぼん

めめの演技やばい・・

にこ
にこ

弥生に感情移入しちゃうんだよね・

この記事では海のはじまりの第3話のあらすじネタバレ感想をまとめました。

神奈川の老舗百貨店 さいか屋
¥6,080 (2024/07/15 22:13時点 | 楽天市場調べ)
\楽天ポイント4倍セール!/
楽天市場

海のはじまり第2話の感想や振り返り

第2話では弥生さんの悲しい過去を知り、

弥生も夏はパパであることを知りました。

りぼん
りぼん

水季が好きだったのは鳩サブレ・・・!

\鳩サブレは通販でも購入可能♪/

水季が大好きだったという鳩サブレ。

大学の講義中に食べる様子かわいすぎましたね!

夏の存在を伝えた水季

水季は生きているときに

海に夏はパパであることを伝えていました。

会いたいかと聞くとままのすきなよにしてほしいという海。

その様子はどこか夏に似ていると感じる水季でした。

夏の家に来た海

夏の家にいる海。
子供は苦手なので弥生が手伝いに来てくれました。

弥生に海と夏の関係を伝えると
弥生は呆然としました

海に会えない夏

海は夏に会いたがります。
しかし夏はなぜ会いたがっているのかわかりません。

結局海に会わず夏は去りました。
海は落ち込みます。
いつなら夏に会えるのかと落ち込んでいました。

夏は弥生にしっかり話さないと会えないと思っていました。

弥生の悲しい過去

弥生は過去に中絶をした経験がありました。

弥生はやむ終えず中絶を選択しました。

夏と水季の子である海は、夏が知らないところで生まれていました。

夏が海に会いに行くと

「ただいま」と飛びつく海。

夏は戸惑いながらも「おかえり」と答えました。

海のはじまり第3話あらすじ

水季は海を呼びます。
海の身長の記録を壁にします。
水季の身長をこすのはいつかな、夏は身長が高いので海は大きくなるだろうと言いました。

水季は図書館のお仕事に行きます。
さみしくなる海を抱きしめます。
「いなくならないよ」という水季。

夏は海の話を聞きます。
給食をたべたこと
友達の話
いろんな話をしますが反応に困る夏。
海はランドセルを見せました。
夏はランドセルは海に水季が選ばせたことを知りました。

目が覚めてまだいたら喜ぶからと、夕飯を誘われる夏。

海は目を覚ましました。
夏がいることを確認し
海は喜びました。

何で好かれているのかわからない夏。

朱音は夏の家族の話を聞き、夏は自分の家族に仲がいい理由なんてなくてもいいと言います。

朱音は水季を産んだのは42歳。
不妊治療でやっとできた子供でした。
しかし水季は、逆で、
妊娠した、中絶する、やっぱり育てる
何の相談もしてくれなかった
真逆の人生を歩んだという朱音。

夏は水季がどうして生むことにしたのかときくと
朱音にも理由はわかりませんでした。
父親に知らせないのは「じゃあ父親になるという夏」
の気持ちがわかっていたのです。
夏の気持ちを水季は考えていたのです。

弥生は、海への誕生日プレゼントを選んでいました。

弥生が夏の家に行くと大和がいました。
弥生と少し話し帰りました。

夏は実家で話があると言っていました。
実家ではきっと結婚だと盛り上がっていました。

弥生は夏に両親の再婚をすぐに受け入れられたかと聞きました。
あの二人だったからよかった、すぐにうけいれられたと話します

海の誕生日の日。
夏と弥生は海に会いに行きました。

弥生は海に誕生日プレゼントを渡しました。
いるかのぬいぐるみです。

朱音は夏を呼びます。
海の連絡先を渡しました。

練習っていうのも嫌だけど、
親になる練習をしてほしいといい海の母子手帳を差し出しました。

図書館へ向かう夏と弥生と海。

弥生は3人で手をつなぐと
憧れの幸せな絵だと言います。

朱音は弥生のことを
わたしお母さんできますって顔してたと話します。

図書館で海は水季のことを思い出していました。
駆け寄った図書館の職員をママだと思っていたのです。

津野は子供たちに絵本を読みます。
海も喜びます。

津野は夏に
弥生のことを聞きます。
弥生は水季とタイプが違う、二人で海を育てるのかと聞きました。

津野と話すと謝りまくる夏。
津野はずっと謝られると気分が悪くなると言いました。

津野と水季は付き合ってはいませんでした。
しかし水季と海とは近しい関係でした。
海を預かった事もあります。
そのため、津野はまだ現実を受け入れられず感情はぐちゃぐちゃでした。

海の母子手帳を見た方がいいという津野。

夏は母子手帳を見ます。
海の成長の記録がたっぷり書いていました。
水季がいない図書館にたけど大丈夫かと聞くと
海は、母子手帳を読んでほしいと夏に頼みました。

津野は弥生に
外野感がすごいと言います。
弥生は子育ての教科書という絵本を持っていました。

海は帰り道寝てしまい
夏におんぶされていました。

大丈夫だったかと問う朱音。
弥生は楽しかった
と答えると
朱音は産むのも育てるのも大変だ
子供を産んだことはないだろうと責めます。

朱音は悔しいと言います
水季がいたはずの場所に弥生がいることが悔しいと言います。

弥生は本当に楽しかったと感謝しました。

帰り道
無理やりに楽しかったねという夏。
弥生はうなづきました。

海は目を覚ますと、夏はいません。

朱音は海を置いて帰ったと言いました。

夏は出社します。
部長は出産の立ち合いで遅刻していました。
なぜ立ち会うのかわからない夏。

翌日学校帰りの海が夏の家に着ました。
宿題を見てもらうように頼みました。

宿題を見たのは弥生です。
夏に元気かと聞く海。

水季がいなくなって悲しいのになんで泣かないのと聞く夏。
夏は水季の変わりはいないとはっきりいいます。
悲しいものは悲しいと吐き出さないとと言います。

弥生はとめます。

海は涙を流します。

弥生はハンカチを差し出しますが
海は夏に走っていき、涙を流しました。

夏は海を抱きしめます。

弥生は外野感を感じます

朱音お迎えに着ました。
そのころには夏と海は仲良くなっていました。

夏は自分の家族の話をしました。
父親と弟は血がつながっていない話をしました。
他人だけど本当のお父さんと本当の弟。
本当のパパが二人いる夏を
海は海なりに受け入れました。

その話を朱音と弥生も聞いていました。

海は学校で鳩サブレの絵を書いていました。

海は元気のない日は元気のない感情を出すことにしたのです。

夏はできるだけ海に会うようにしたいと朱音に話しました。

海の父親をする気持ちは固まったのかと聞かれました。

弥生に夏は
海に一人で会いに行くと連絡します。
弥生は元気が出ません。

そして夏に話したいことがあると告げました。

夏は海にいました。
そこに海がきました。
カメラを海にわたします。
今日撮った写真は今度会う時に見せるねという夏。

夏は海のパパを始めてほしいの?と聞くと
海は
パパしなくていいけど
いなくならないでほしいという海。

海はパパをやるとは何のことかはよくわかっていません。

夏もわかっていません。

育てる事を簡単に決めることも無責任な気がするし、
夏は簡単に決められません。
水季の代わりにはなれないけど一緒にはいれるという海。

一緒にいてほしいという海に
わかったと答える夏。

海のはじまり第3話感想

今回の第3話も切ないし辛い回となりました。

夏と海の関係に変化

今回は夏と海の関係に変化があった回だと感じました。

物語の序盤では海の話を「うん」など簡単な返答しか夏はしませんでしたが

中盤で、海の水季への気持ちに寄り添い、いい関係を築いていくようになります。

最終的には、「夏にそばにいてほしい」という海。

この関係が父親なのかはわからないといいますが、

関係性は1時間でぐっと変わったなという印象を受けました。

何が親なのかと言われると答えはまだわかりませんが

確実に変化している感じがしますよね。

いつも元気な海

いつも元気だよ!と言い続けていた海が夏と話したことで変化しましたね。

この子ものすごい、無理をしてる元気だなでも、子供ってこんな感じなのかなとなんとなく思っていました。

しかしそれは水季に対する想いだったんですね。

本気で泣けた海にもらい泣きしちゃいました。

弥生さんが切ない。

弥生さんがただ切ないし辛かったです。

朱音にも厳しい言葉を浴びせられ、夏や海の関係にも入っていけないし、

2話では悲しい過去を視聴者としては知っているので辛すぎて

弥生にもなんとか報われてほしいという気持ちになりました。

本当の血のつながりのない夏にならなにかわかる気持ちがあるのではと感じましたが

夏も弥生の気持ちに寄り添うほど今は余裕もない感じがします。

次回の弥生さんが心配過ぎて、心が壊れないか、すごく心配です。

親になるって本当に難しいテーマですよね。

それは普通に妊娠出産しても答えが見えないようなところであり、子供に育てられてるのかなという感覚もあります。

海のはじまりには毎回なにか考えさせられるなと感じています。

まとめ

海のはじまりのあらすじネタバレ感想をまとめました。

次回も楽しみですね。