バチェロレッテ3参加者情報更新中!

ドラマDestiny第1話あらすじネタバレ考察・感想まとめ

この記事には広告を含む場合があります。

記事内で紹介する商品を購入することで、当サイトに売り上げの一部が還元されることがあります。

石原さとみさん主演のドラマDestiny。

壮大なスケールと映像の美しさが魅力と放送前から話題になっています。

りぼん
りぼん

面白そう!!

にこ
にこ

考察系かな~

この記事ではドラマDestiny第1話あらすじネタバレ考察・感想をまとめています。

みどころ

石原さとみさん主演のドラマDestiny。

共演者には、亀梨和也さん、安藤政信さん、田中みな実さんら豪華キャストが出演します。

石原さとみさん演じる西村奏は中学の時検事の父親をなくしてしまいます。

その時に奏の父は汚職事件の疑いをかけられていたこともあり、

奏はそれから長野県で静かに生活していました。

しかし大学生になり、仲間と言える存在ができます。

やがて大人になり検事になった奏。

12年越しに過去の事件が動き出す・・・?

豪華キャストに映像美、壮大なスケール、期待できそうです!

りぼん
りぼん

初回放送は2024年4月9日(火)だよ

にこ
にこ

21時~だね!!

ドラマDestiny1話あらすじ

奏は検事として働いています。
検事になりたいと思ったのは中学3年生の秋のこと。
学校へ行く途中、横断歩道を前に体が動かなくなり、走り出します。
奏は家に引き返すと、父親は事件に巻き込まれていました。
真実を知りたい、それだけで検事を目指したと言います。
奏が扉を開いた先にいたのは真樹でした。

2010年。
大学2年の夏。
奏は講義をうけていると、真樹に声をかけられます。
ノートを見せてほしいと頼まれたのです。
テストのカンニングをさせてほしいとも頼まれました。
奏は見せます。
奏はこのことを自身の初めての犯罪だといいます。

真樹は奏のおかげで単位を取得します。
真樹に紹介され、知美とカオリとも知り合いになりました。
真樹は大学の授業を真面目にうけていませんでした。
真樹は突然奏の眼鏡を外します。
可愛いと褒められました。
このことがきっかけで奏には友達ができました。
奏は心から笑える日々を過ごしていました。

奏は突然
父親が小さいとき、カナカナと呼んでいたことを話します。
父がなくなったことを話します。
当時仕事でいろいろあって最悪な結果になったことを話しました。
奏は検事だった父親の話をしました。
父親のことのうわさがひろがり友達のできず、独りぼっちの生活をしていた奏。
奏は大学になり友達ができたことがすごくうれしいと言います。
奏は自身の父親の話を誰かにするのは初めてだと言いました。

2年後
真樹と奏は雨の中車で出かけます。
花火大会の予定でした。
しかし中止になり、いつものメンバーはきませんでした。
真樹と奏は車の中で二人で過ごします。
花火は中止になりましが星空が広がっていました。
奏は感動します。
感動する奏に真樹はキスし、好きだと告白しました。

真樹の母親は子供の頃突然居なくなったそうです。


奏はある日眼鏡をコンタクトにしました。
カオリは、奏が綺麗だといいました。
そこに真樹がきて、カラオケに行こうと誘いました。
そのころのカオリは就活が上手く行かずメンタルが不安定でした。
そのことを知美は心配していました。
真樹と奏はお付き合いしていましたが、カオリらには秘密にしていたのです。

カオリは相変わらず就職が決まらず焦っていました。
カオリの不機嫌は何となく奏と真樹の関係を感づいてのことでした。

将来の目標が明確な奏に対して真樹は将来がぼんやりしていました。
真樹は社会のレールに乗ることを拒みます。

知美は図書館で勉強をしています。

カオリと知美は、真樹と奏が付き合っていることに気が付いていました。
友達だからこそ、二人が付き合ったことが許せないカオリ。
人生がかかっているからくだらないことに巻き込まないでほしい知美。
二人は言い争いになります。

真樹に着信が入ります。
着信の後、コンビニへ行くといい真樹は外に出ると、カオリが待っていました。
カオリは車に真樹を乗せました。
カオリは山道を運転します。
そして奏と付き合わない方がいいと言います。
奏の父親の事件のことを話しました。
しかし真樹は逆上します。
そしてカオリは一緒になくなる未来を選択しようと言い車を走らせます。


真樹の部屋に残された奏にはカオリから「サヨナラ」とメッセージが入ります。

知美は、奏を泣きながらたずねました。
カオリは事故でなくなりました。
真樹は生きていました。
奏は警察に聴取を受けました。
事故はカオリの過失とされました。

真樹の父は弁護士です。
真樹の事故について話をききに警察へ行きました。
その後、真樹に面会に行きます。

奏は一人真樹の部屋に行きますが、真樹からは返事もなく帰ってくることもありませんでした。
そこから連絡は途絶えてしまいました。
カオリのお葬式の日、真樹がいました。
しかし奏に「ごめん」と言い残し逃げました。

奏は愛されていると思っていた人が自分の前から消えてしまったことのショックを受けます。
その年、奏はロースクールの試験に落ちました。

12年後
奏は
恋人の貴志と同棲していました。
医師で忙しくしていました。
帰れない日々が続く貴志にお弁当をつくり届けました。

そのころ救急車で運ばれたのは真樹です。
奏はすれ違いますが気が付きませんでした。

ドラマDestiny1話感想・考察

奏がやっと笑えてよかったと思っていました。

しかしながら、カオリは真樹に想いを寄せていたこともあり、車を走らせ残念な結果になってしまいました。

カオリは奏の父親の事件のことを何か知っている感じでしたよね。

真樹はその話を知っている可能性がありそうです。

だから奏から逃げたのでしょう。

12年経って奏は幸せそうなのに、真樹の登場です。

事件が動き出す予感がしますね。

まとめ

次回もたのしみですね。