バチェロレッテ3最新情報随時更新中‼

ドラマDestiny第9話・最終回あらすじネタバレ考察・感想をまとめ

この記事には広告を含む場合があります。

記事内で紹介する商品を購入することで、当サイトに売り上げの一部が還元されることがあります。

石原さとみさん主演のドラマDestiny。

壮大なスケールと映像の美しさが魅力と放送前から話題になっています。

りぼん
りぼん

面白そう!!

にこ
にこ

考察系かな~

この記事ではドラマDestiny第9話あらすじネタバレ考察・感想をまとめています。

第8話の振り返り

祐希は放火はしていないと言います。

たまたま居合わせたときに火がでた、

しかし、慌てて逃げたので、真樹に罪を被せる形になったといいます。

しかし、祐希は責任を感じ出頭しました。

そして真樹は

祐希が放火をしていないと知ると、安心します。

そして自分は祐希をかばったと認めました。

真樹は入院を条件に釈放されました。

貴志に病状をきく真樹。

手術をすすめられます。

そして貴志は

あなたを生かすことも、命を終わらせることもできると言います。

放火犯は、秋葉という議員秘書の男です。

20年前奏の父がかかわった汚職事件の際に

東議員の秘書をしていた男です。

奏は、この放火も20年前の事件もすべてが繋がっているのではないかと言います。

ドラマDestiny第9話あらすじ

奏は浩一朗に事件の真相を問います。

秋葉という男が怪しいと言います。

東元総理の秘書です。

浩一郎は20年前環境エネルギー事件で東を弁護した男です。

奏は20年前のつながりを問いました。

20年前、浩一郎は独立したばかりの弁護士でした。

突然、東の事務所に呼ばれたといいます。

環境エネルギー事件の汚職事件関連の相談でした。

検察の強引な起訴、冤罪であると浩一郎に相談していたのです。

何とか冤罪にするように、浩一郎の力が必要だと頭を下げる東。

浩一郎は捏造だと法廷で話しました。

そして裁判で無罪を手にした東。

あの時浩一郎は正義を勝ち取ったと信じていたといいます。

すると東は目論見通りそれ以上の働きをしたと東に言われます。

全ては、東が仕込んでいたのです。

息子の無罪を勝ち取るために、捏造して無罪を勝ち取ったのです。

当時浩一郎は東に踊らされていたといいます。

そんな中、奏の父は亡くなったことを知らされます。

浩一郎は奏の父を尊敬していました。

あの法廷で貶めたことを後悔していました。

あの事件を境に浩一郎は仕事が忙しくなりました。

そんな中カオリが浩一郎を訪ねたと言います。

カオリは奏と真樹の関係を心配していました。

しかし浩一郎は息子がだれと付き合おうと関係ないといいます。

その後カオリは事故をおこします。

その後真樹があらわれました。

浩一郎は真樹にはかかわってほしくないと思っていました。

そのころ、浩一郎は秋葉が口封じをしていたことがわかりました。

本気で東らは浩一郎を抹殺しようと狙っていたのです。

しかし、生き延びました。

親子二代の総理、東が望んだシナリオです。

浩一郎は奏に協力をすると全てを話した後に言いました。

秋葉の先には東がいると忠告しました。

それが弁護士としての浩一郎の遺言だといいました。

弁護士としての人生を捨てる覚悟でした。

秋葉は任意同行されていました。

奏は大畑に報告しました。

大畑はカジが秋葉と繋がっていたことを報告します。

奏の行動を監視していたのです。

奏は秋葉の真相にどこまでたどり着けるのでしょうか。

奏は真樹に会います。

順調に浩一郎は回復していると話します。

ほかに放火の真犯人の話や20年前の事件の話も聞いたといいます。

浩一郎は真樹はバカだけど

真樹の生き方がうらやましいと思うこともある

生きててほしいと言ったと話します。

奏は浩一郎を信じると話します。

そして真樹に生きていてほしいと言いました。

奏の婚約者にメスを入れられることが怖いと冗談をいう真樹。

そして奏に感謝しました。

横浜地検で奏は秋葉について調べていました。

しかし決め手となる証拠がありませんでした。

そこにやってきたのはカジです。

秋葉との関係を問うと携帯電話という手がかりにたどり着き

押収品を見に行く奏。

しかしデータは消去されていました。

しかしながらケータイの料金は支払われていたのです。

真樹の病院には知美と祐希がきていました。

手術の付き添いにきていたのです。

そこで知美は司法試験を受けると決心しました。

奏は秋葉の取り調べをしていました。

覚えていない、やっていないという秋葉。

奏はケータイ電話をさしだし見覚えがないかと問います。

20年前の事件の話を聞きました。

20年間料金を払い続けている携帯電話のデータ保存サービスが利用したかったことを追求します。

そしてメールのデータは残っていたのです。

東に命じられメールを捏造した

野木邸の放火を指示したのは、東。

20年前の汚職事件の口封じのためかと追及します。

秋葉は父親の恨みを晴らすために聞いているのかと問うと

奏は真実を明らかにしたいだけだといいます。

秋葉は笑います。

自分がおかしくて笑っているといいます。

自分が東に殺されないように、メールのデータを取っていたといいます。

しかし、自分の首をしめることになってしまうのかと

笑い出したのです。

奏は病院に急ぎます。

手術は成功していました。

今後の回復は真樹次第だといいます。

奏は貴志に感謝しました。

貴志は医師としての使命を果たしただけだといいました。

真樹は目を覚ますと奏がいました。

奏を見て涙を流す真樹。

大畑は

記者会見をしていました。

秋葉は放火と殺人未遂で起訴

東元総理も教唆により逮捕されました。

背景には20年前の汚職事件が関係している事も明らかになりました。

奏の父の潔白も証明されました。

奏はカオリのお墓に向かいます。

そこには知美と祐希もいました。

お墓につくと真樹が先にいました。

一人でカオリと真樹は話していたのです。

大学に向かい、何がきっかけで仲良くなったのか振り返ります。

知美とカオリは

いきなり腕組まれたことがきっかけだったといいます。

祐希もカオリにいきなり腕を組まれたといいます。

真樹とカオリの出会いは

真樹が寝ていた時に友達になってとカオリが声をかけたことがきっかけです。

東京に戻ります。

奏と真樹は一緒に帰りました。

どこに帰るかと聞く奏。

真樹は実家にかえるといいます。

浩一郎の別荘で静養するようです。

奏は真樹に

絶対に元気になってほしいと言いました。

そしてさよならと別れました。

奏は振り返ってはいけないと誓います。

しかし振り返ると

そこに真樹はいました。

お互いに笑い、奏は

真樹と言いかけ走り出そうとします。

ドラマDestiny第9話感想・考察

最終回ですべての謎が明らかになりました。

こんなにおおきな事件に奏らは

振り回されていたと思うと大変なことですね。

全ての謎が明らかになったので

これからそれぞれの人生を幸せに生きてほしいと思います。

まとめ

最終回終了しました。