バチェロレッテ3最新情報随時更新中‼

マルハラって意味不明?くだらないようで気にしてしまう「〇〇ハラ」を調査

この記事には広告を含む場合があります。

記事内で紹介する商品を購入することで、当サイトに売り上げの一部が還元されることがあります。

「マルハラ」という言葉を聞いたことありますか?

なんか不思議な言葉に見えますが・・・ぱっとみどんな意味なのか考えちゃいますよね。

りぼん
りぼん

なんだ?

にこ
にこ

怖くない⁉

この記事では、「マルハラ」が何なのか、またくだらないようで気にしてしまう「〇〇ハラ」について調査しまとめていきます。

楽天ブックス
¥1,540 (2024/06/21 23:47時点 | 楽天市場調べ)

「マルハラ」意味不明?マルハラって何?

「マルハラ」とはSNSなどで文末で「。」がついていることが怖くハラスメントだと言われているようです。

また赤い「!」に関しても怖がられているマークです。

りぼん
りぼん

げっ普通につかってるわ・・

にこ
にこ

やばい・・

A:遅れそうです!

B:了解です。

りぼん
りぼん

この「了解です。」が冷たく見えるんだね。

そもそも「マルハラ。」はSNSが身近にあるZ世代と中高年のやりとりの中で生まれるジェネレーションギャップから誕生しました。

この「マルハラ。」に関しては怖いと感じている若者がいる一方でくだらないと感じる方も少なくないようです。

りぼん
りぼん

これでパワハラだと相談されても困るよね。


「マルハラ」冷たいと誤解を招く?は

「マルハラ」によって冷たいと誤解を招くことがあるようです。

たしかに絵文字や「~」などをつかわず「。」できてしまうとなんだか冷たいし業務的に見えてしまうことがありますよね。

しかし、友達関係ではよくてもビジネスの場ではどうしても「。」は使わざるを得ませんよね。

思い返してみると私自身、上司とやり取りしていて文末が「。」ばっかりだったことがあるんです。

「え・・怒ってますか?わたし何かしました?」って聞いたことあります。

やっぱり冷たく見えてしまうのは事実のようですね。

しかし社内での連絡で絵文字を使うことはありませんよね。

「マルハラ」代わりに何を使えばいいの?

「。」の代わりになにを使うのか調べてみました。

  • 相手が「。」がないならこちらも「。」はつけない
  • スタンプを押しておく

最近は連絡を取る手段としてLINEが主流になり、丁寧な連絡よりもスピードが重視されることが増えました。

すると「、」「。」のような句読点をわざわざ入力しない派の若者は増えました。

だがゆえにわざわざついた「。」に恐怖心を持ってしまうことがあるようですね。

簡単なやり取りであればスタンプで十分!という印象もあります。

しかしスタンプや絵文字を使っても、これじゃないなぁと思われてしまうこともあるし、

やり取りって難しいですよね。


くだらないようで気にしてしまう〇〇ハラ

いろんな言葉がすぐ「〇〇ハラ」になりますよね。

最近の「〇〇ハラ」はこのようなものがあります。

「コクハラ」告白ハラスメント
(脈のない状態で異性に告白)
「新型パワハラ」新型パワーハラスメント
やる気のある人に「頑張りすぎるな」
「ズムハラ」ズームハラスメント
(オンライン会議でへやいじり)
「エイハラ」エイジハラスメント
(今の若者は・・・)
「ブラハラ」ブラッドハラスメント
(血液型で性格を決めつける)
「カジハラ」家事ハラスメント
(休日に夫が家事をすることについて必要以上に完璧を求める)
「カラハラ」カラオケハラスメント
(カラオケで歌うように強要する)
「マリハラ」マリッジハラスメント
(本人の意思に反しお見合いを強要したりすること)

とりあえず〇〇ハラっていっとけば・・感を感じてしまうのですが。

しかし、血液型で決めつけられるのは私も嫌いです。

血液型で決めつけられたら世の中4種類しか性格がないことになるような気がして、苦手なんです。

なわけないじゃんと思ってます。

何となくのイメージですが「〇〇ハラ」とつけられる言葉は「踏み込まれたくない」ようなネガティブなイメージのものが多いですよね。

個人のことには立ち入らないでほしいという世の中の流れなのかもしれませんね。


「マルハラ」に他する声 「マルハラ」は気にするべきなの?

「マルハラ」に対する声をまとめました。

「。つけるのってそんなに変?」

「マルハラめっちゃわかる」

賛否両論です。

ほかには「モーニング娘。」の「。」についてはどうなのかという意見もありました。

「。」は必要ですしね。

国語の授業やビジネスの場では必要不可欠な「。」です。

上手く付き合いたい気持ちもありますね。

「くだらない」という意見もありますのでそこまで気にする必要はない印象ですが、これから文化は変わっていくかもしれませんね。

ハラスメントで当たり前に使われる言語が変わってしまうかもしれない、なんだか不思議な感覚ですね。

まとめ

マルハラは

  • 「。」を文末に着けることによるハラスメント
  • 冷たいと誤解をまねくことがある
  • 対処法は「。」を外したりスタンプを使用したりする

という結論になりました。

「。」までも「〇〇ハラ」になってしまうとは驚きですよね。

しかし「。」は必要だと思いますし上手く付き合っていきたいですね。

あまり神経質になりすぎることもよくないと感じますが、「。」で相手に恐怖心を感じさせていることがあるかもしれないということは知っておいてもいいかもしれませんね。

ビジネスにおいてジェネレーションは仕方ないようにも感じますが、パフォーマンスの向上のためにも互いを理解できるといいですね。