バチェロレッテ3最新情報随時更新中‼

ドラマDestiny第7話あらすじネタバレ考察・感想まとめ

この記事には広告を含む場合があります。

記事内で紹介する商品を購入することで、当サイトに売り上げの一部が還元されることがあります。

石原さとみさん主演のドラマDestiny

壮大なスケールと映像の美しさが魅力と放送前から話題になっています。

りぼん
りぼん

面白そう!!

にこ
にこ

考察系かな~

この記事ではドラマDestiny第7話あらすじネタバレ考察・感想をまとめています。

楽天ブックス
¥1,430 (2024/06/19 01:47時点 | 楽天市場調べ)

第6話の振り返り

真樹は浩一朗のいる実家に火をつけたと言います。

逮捕され、奏に取り調べられます。

しかし真樹は火をつけたことは認めるものの、ほとんど何も話しません。

奏は真実が気になります。

浩一郎は重体です。

奏の事務官のカジは何者かに電話をかけています。

何やら怪しい動きです。

真樹は2回目の取り調べで学生時代のことを話します。

自分が愛されていたことを知る奏。

奏は感情が揺さぶられながら取り調べをします。

そして真樹は燃やして何もかも無くなればスッキリすると思ったといいました。

新たな証拠が見つかります。

火元は外である可能性、怪しい男がいたという供述があったようです。

当初真樹がすべての罪を認めたものの、

現場からは違う証拠が出てきます。

真樹は吐血し倒れてしまいます。

病院に運ばれますがたんのうがんと十二指腸がんを患っていました。

真樹につきそう奏。

真樹は奏に

「あの星空をみたい、2人で逃げないか?」と提案しました。

ドラマDestiny第7話あらすじ

奏は真樹の病室を去ります。

そして星空を見ます。

翌朝

真樹はバス乗り場にいます。

バスに乗り込みました。

そのバスには奏も乗ってきたのです。

行先は長野です。

貴志が帰宅すると奏はいません。

貴志には真樹がいなくなったと連絡がはいります。

真樹がいなくなったことは

横浜地検にも連絡が入ります。

カジは真樹と奏の関係に気が付いていました。

そのことを大畑にも告げました。

貴志は奏の事が気になります。

奏は婚約指輪を自宅において出て行っていました。

奏の自宅に大畑から着信が入ります。

貴志は

自宅にいない奏を

「いまやっと眠れた」とうそをつきます。

奏は真樹に肩を貸してほしいと頼まれます。

ここに来たことはだれか知っているのかと問う真樹。

「逃げようといったのはだれか」と問う奏。

裕希は浩一朗の推薦で弁護士事務所の面接をうけていました。

そこで裕希は真樹がいなくなったことを知ります。

裕希は奏と真樹と一緒にいるのではと知美に言います。

心配する二人。

知美を訪ねたのは貴志です。

奏と真樹は思い出の場所で星を見ていました。

学生時代に想いをはせていました。

しかし逃亡した被疑者と担当検事であることには違いありません。

夢がかなったという真樹。

奏は、人生で一番幸せだったのは学生時代だといいます。

いまだけ手をつないでいたいという奏。

奏と一緒ならしんでもいいという真樹。

真樹は車で寝てしまいます。

奏はなにかあったのか心配します。

翌朝

奏は「カオリの事件から1日も気が休まる日はなかったのでは」と問います。

そして奏は

「何か隠してるよね」と問い詰めます。

放火はしていないと奏は思っています。

奏は大畑に電話をかけます。

真樹の身柄を確保したことを伝えました。

大畑は知っていたのです。

真樹と奏がいっしょにいることを知っていたのです。

真樹は真実は何かと問います。

奏はこたえることができません。

奏は真樹に「もういなくならないと約束してほしい」と言いました。

それだけは約束できないかもしれないという真樹。

真樹は「絶対にはなれない手のつなぎ方は手錠」だと言い残し警察に確保されました。

奏は横浜地検に戻り、真樹は病院に戻りました。

奏は放火は真樹ではないと、捜査を続けます。

かじは捜査情報を何者かに流していました。

その様子を大畑は見ていました。

かじはある男と繋がっていました。

議員秘書の男です。

奏は自宅に帰りました。

すると貴志から「別れよう」とメモがあることにきがつきます。

放火もとはガレージのわきで間違いなさそうです

奏も近隣住民へ聞き込みをすすめます。

スーツを着ていたと証言もあります。

ドライブレコーダーにある男が映っていました。

裕希です。

留置所にいる真樹。

裕希は差し入れをしました。

奏は知美をたずねました。

そこには裕希もいました。

奏は裕希に火事の日何をしていたのか問います。

真樹は裕希をかばったといいます。

裕希が火をつけたことに間違いありません。

浩一朗は目を覚ましました。

ドラマDestiny第7話感想・考察

衝撃のラストでしたね。

防犯カメラに映る祐希わかりやすすぎました。

でも祐希ではないと思いたいです。

祐希も誰かをかばっているとするならばこの事件は、みんながかばいすぎという感じですよね。

事件は20年前から繋がっている・・・

純粋に楽しかった学生時代ではないとしたら

奏はショックですよね。

貴志は黒ではないと願いたいです。

まとめ

次回もたのしみですね。