バチェロレッテ3参加者情報更新中!

ドラマBelieve-君にかける橋-第2話ネタバレあらすじ・感想まとめ

この記事には広告を含む場合があります。

記事内で紹介する商品を購入することで、当サイトに売り上げの一部が還元されることがあります。

木村拓哉さん主演のドラマBelieve-君にかける橋-。

豪華キャストにも注目されています。

夢の橋に何があるのか放送前から気になります。

りぼん
りぼん

なんか燃えてたよね・・

にこ
にこ

予告の展開から気になる・・

この記事ではBelieve-君にかける橋-第2話ネタバレあらすじ・感想をまとめています。

楽天ブックス
¥20,328 (2024/06/13 20:00時点 | 楽天市場調べ)

Amazon Primeで木村拓哉の作品を見る

ドラマBelieve-君にかける橋-1話振り返り

龍神大橋は都民の夢。

その橋の完成のため狩山は奮闘しています。

坂東組のストライキにも頭を下げ対応して何とか工事の足を止めないよう努力していました。

龍神大橋の建設中の事故が起きます。

その結果、土木設計部の部長の狩山は責任を取らされます。

2024年裁判所に狩山は被告として立っていました。

懲役1年6か月を言い渡され、刑務所での生活がスタートします。

玲子が面会にきました。

玲子はがんで余命1年ないかもしれないと告げました。

この世で会う最後かもしれないと告げます。

さらに橋の事故に関して、狩山が悪い訳はないと問い詰めると

会社の責任をかぶったことがわかります。

事故の原因となったのは、ケーブルを海外製のものに取り換えられていたことです。

狩山の設計にはありませんでした。

しかしこのことを会社のために隠してほしいと社長に頼まれ罪をかぶったのです。

ドラマBelieve-君にかける橋-第2話あらすじ

狩山は自分が責任を取れば会社は守れると思っていました。

しかし、玲子ががんだと知り、刑務所にいるわけには行かないと思います。

秋澤に再審のお願いをします。

しかし、かなり険しいといいます。

事故の詳細を話してほしいと頼みました。

私は味方だといいました。

発注書を改ざんし処分し、事故のことを隠ぺいしてほしいと磯田は頼まれたのです。

実は現在も龍神大橋の工事はストップした状況です。

秋澤は黙っていたまま刑期を終えた方がいいといいます。

罪が重くなってもいい、真実を行ってほしいといいます。

証拠は南雲に預けたといいます。

しかし南雲はベトナムに転勤が決まりました。

玲子は患者への対応をしていました。

玲子のもとに黒木が訪ねてきました。

狩山のことを聞きたいといいますが、玲子は何も答えません。

しかし玲子は黒木に会ったことがあるような気がします。

南雲の様子が怪しいと思う絵里奈。

南雲が隠していたものを見つけました。

二人は結婚することをきめていました。

南雲は秋澤に何も知らないとはっきり言いに行きました。

狩山は脱走はあきらめていません。

秋澤は発注書を南雲からもらいました。

しかしパスワードがわかりません。

そして発注書を回収したことは社長に伝えられ、東京都知事にも報告されました。

この隠ぺいには磯田社長だけでなく、東京都知事にもかかわっていました。

黒木は刑務所にきて狩山の話を聞いていました。

しかし互いに探り合い何も話すことはないと話します。

黒木が来たことは刑務官は報告します。

桑原と秋澤が面会にきました。

磯田からは「出所後は海外事業部の土木部長のポストを用意している」

とのことでした。

手紙を見せてほしいと狩山は頼みますが、桑原はしません。

手紙は白紙だったのです。

秋澤に事実を明らかにしてほしいと頼みます。

しかし、引き留めます。

狩山は、自分の未来は秋澤にはわからないといいました。

5月8日

避難訓練が行われます。

恒例の受刑者の世話係に狩山と野口は立候補しました。

もし、高齢の受刑者が病院に運ばれる際に脱走することを計画していたのです。

玲子の担当する患者は、容体がよくなっていました。

玲子は外科にいたときに怪我で入院してきた狩山と結婚したのです。

野田はもうすぐ子供が生まれるといいます。

だから脱走したいといいます。

本宮は南雲が出発が早まったことを怪しみます。

問い詰めますが、南雲は「これは正義だといいます」

灰谷は狩山と野口は避難訓練を脱走に利用しようとしていると職員にちくりました。

避難訓練開始後の計画を立てます。

狩山は脱出したい理由は「妻に会いたい」ことが理由です。

玲子は一人夜道を歩きます。

怪しい車が気になります。

車から降りてきたのは黒木です。

玲子は黒木を思い出したのです。

狩山の部屋の写真の人物です。

避難訓練がはじまりました。

しかし逃走計画は失敗しました。

野口が殴ったことで計画2が始動したのです。

狩山は病院へ行くことになったのです。

しかし病院に同行したのは刑務官です。

あと1年で退職するといいます。

しかし、狩山は一番、忘れられない受刑者になるといいます。

玲子と狩山は、橋ではなくマイホームを立てる約束をしていました。

玲子は坂東社長を訪ねていました。

黒木の写真を見せます。

坂東は事故でなくなった人だといいます。

ドラマBelieve-君にかける橋-第2話感想

南雲がデータ渡しちゃいましたね。

絶対本宮がコピー持ってる気がするのですが・・・

なんか4桁の数字知ってましたよね。

今後本宮がなにか動きそうな気がしています。

秋澤弁護士、桑原常務に買われた感があり、ショックです。

あの人信じていいと思っていたのに残念です。

灰谷裏切りやばすぎです。

なにか裏はあると思ったのですが、ひどすぎますね。

塀の外に出られたけどここから先が大変そうですね。

玲子に会ってほしいです。

まとめ

Believe-君にかける橋-のあらすじと感想をまとめました。

次回も楽しみですね。

合わせて読みたい

Believe-君にかける橋-の全話あらすじネタバレはこちら

Believe-君にかける橋-最終回まで全話あらすじ感想ネタバレまとめ